のうみ歯科だより

2017.02.28更新

山口市小郡にあるのうみ歯科クリニックですnicotoothmagnifier

ホームページをご覧いただきありがとうございますglitter

 

 

のうみ歯科クリニックFacebookも随時更新しておりますのでそちらもご覧ください(。・艸-。)

 

 

 

 

 

今日はエナメル質形成不全のお話です!!

 

 

 

生えてきた歯が部分的に白色や茶色や黄色く変色していたり、くぼみがあるような場合エナメル質形成不全が考えられます。

 

 

 

 

通常歯はエナメル質という人体でも1番硬い組織で覆われているのですが、何らかの影響でこのエナメル質がきちんと作られなかった場合に起こります。乳歯にも永久歯にも起きるもので、中には仕上げ磨きをしていて虫歯と思って来院される方もいらっしゃいます!

 

 

 

決して珍しいわけではありませんが、このような歯は通常の歯よりもエナメル質のバリアが十分ではないため酸に弱く、デリケートで虫歯になりやすいので正しいケアや処置をして守ってあげなければなりません。

 

 

そこで歯の質を強化するため定期的に歯のクリーニングフッ素塗布、歯科用の材料で補強したり歯科医師や歯科衛生士の指導のもとホームケア用品を正しく使うことが望ましいですglitter

 

 

 

虫歯と見分けがつきにくく、乳歯や生えたての永久歯は特にデリケートなので歯科医院への受診をお勧めします!

 

 

当クリニックはキッズスペースも完備しておりますので小さなお子様やお子様連れの保護者の方にも優しい歯科医院ですo(^▽^)o説明や処置の時間をきちんと取らせていただいてますのでご予約を取ってお越しくださいねhand笑うheart3

 

 

 

 

 

 

投稿者: のうみ歯科クリニック

2017.02.18更新

山口市小郡にあるのうみ歯科クリニックですnicoheart

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

のうみ歯科クリニックFacebookも随時更新しておりますのでご覧ください(。・艸-。)

 

 

 

ブログをご覧のみなさま。歯医者さんって痛くなったり詰め物が取れたら行く場所という考え方をしていませんか?その考え方かなり遅れてます!!腫れたり痛くなったり詰め物が外れる、歯並びが乱れてくるということは必ず原因が存在します。その原因を調べて予防をする方法を提供する歯科医院がのうみ歯科クリニックです。

 

 

 

 

成長真っ只中のお子さんの場合、歯科での予防のアプローチ方法は様々です。主な方法としてブラッシング指導や予防処置、定期的なメインテナンス、フッ素塗布、矯正治療があげられますが実は「食育」「足育」「息育」という歯科の3Sといったところからもアプローチしていますo(^▽^)o

 

 

 

息育はFacebookでもお伝えしていますが鼻呼吸やあいうべ体操といった呼吸に関すること。食育は栄養や糖質の摂り方に関して口腔内とリンクさせて歯科衛生士や食育インストラクターといった有資格者による食事指導を行っていますstrawberrycake ice cream

 

 

 

あとは足育padpadえ?なんで歯科なのに足?しかも足の指??関係ないやん!って思われる方(笑)以前の私もそうでした(笑)

 

 

 

まずはイメージしてください。その場で逆立ちをしたときって手の指はどうなっていますか?おそらくバランスを取るために指と指が開いていると思います。では自分の足の指はどうなっていますか?本来直立していると逆立ちと同じようにバランスをとるために指が広がっているべきなんですが、外反母趾や内反小趾や浮き指寝指になっていませんか?

 

 

 

 

要は体を支える土台となる足が不安定だと、他の骨や筋肉がバランスを取るため歪みが生じます。自分では気づかないうちに姿勢が乱れ様々な場所に負担がかかり、最終的に顔貌や咬み合わせ、歯並びにも悪影響を及ぼすことがわかっています!!

 

 

 

 

咬み合わせや歯並びの検査を行う際に姿勢のチェックを行っていますが真っすぐ立てているお子さんってほぼいません。左右だけでなく前後にも傾いています。小さな体なのにすでに歪みが生じて体が悲鳴をあげていますし、矯正治療を行って理想的なかみ合わせや歯並びを手に入れても土台が整っていなければ再び乱れてしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

 

 

つまり地盤が悪いところにいくら良い家を建てても崩れてしまうということです!

 

 

最近の学校は様式のトイレが増えていますが、和式トイレのようにしゃがんだり立ち上がることが出来ない子供も増えていると聞いてかなりの衝撃でしたshun

 

 

 

なので足の指のトレーニングも行って頭(口腔)から足まで整えていくのが理想的な予防方法ということ!理解出来ましたか?

 

 

 

 

そこでおすすめなのが「ゆびのば(ひろのば)体操」です(^_-)-☆

 

 

とっても簡単なのに効果バツグン。あいうべ体操と一緒でタダで出来ます(笑)靴下を履く前やお風呂上りがオススメですよ。私の場合体操だけではなくソックスも履いてます。現在ソックスは販売していませんがどのようなものか気になる方はこっそり教えます(*^-^*)

投稿者: のうみ歯科クリニック

2017.02.07更新

山口市小郡にあるのうみ歯科クリニックですo(^▽^)o

いつもホームページをご覧いただきありがとうございますnicoheart

 

 

 

最近は日中暖かい日が続いています。来院される方も「今日は暖かいね~!!」とおっしゃることが増えてきました。ですが、今週末はまた寒さが増すようです。まだまだ寒い日が続きますのでどうぞご自愛ください。

 

 

 

今日は詰め物についてお話しますね。日本人って歯磨き大好き国民なのはご存知ですか?(笑)毎日歯を磨く人は90%以上!!しかも1日2回以上磨く人は約70%!!

 

 

 

 

なのに先進国ではトップクラスの虫歯大国。不思議ですね~!?

 

 

 

 

 

 

皆さんが「虫歯治療」と聞いて思い浮かぶのは銀歯ではないでしょうか?銀歯と呼ばれるものは金・銀・パラジウムといった金属が混ざった材料です。口腔内は熱いものや冷たいもの酸っぱいもの辛い物甘い物など様々なものが入り過酷な環境下となります。そのような食事や唾液によって銀歯からイオンが溶け出し、場合によって金属アレルギーを引き起こすこともあります

 

また歯質と接着性がなく、歯と銀歯の間に隙間が出来ることで汚れや歯石がたまったり、虫歯菌が入り込んでしまいます

 

 

このような場合、一度治療した歯が二次齲蝕(再び虫歯になる)リスクは約80%と言われています。そして二次齲蝕になった歯は1回目の治療より歯を削る量が増えてしまいます。こういった虫歯になって削るということを繰り返すと歯の神経を取って、やがて弱くなった歯は折れたりヒビが入ってしまい歯の寿命を終えることになりかねません。

 

 

 

つまり歯磨きは頑張っていても再び虫歯になる人が多いのが日本人といったところでしょうか。

 

 

 

 

そう聞くと自分の歯を守りたい!何度も痛い思いはしたくない!歯や身体に優しいものが良い!って思いますよね。

 

 

 

そんな方にはセラミックがオススメです。セラミックのメリットは生体親和性が良いので体に優しく、汚れが付きにくいので二次齲蝕のリスクを軽減出来ます。また金属を使わないので金属アレルギーを起こすこともなく、透明感があり変色も少ないので審美性(見た目)を気にされる方にも好評です。自分の歯か詰め物かわからないくらいキレイですよ!

 

 

 

 

当クリニックには詰め物や被せものに関して様々な材料を準備しており、トリートメントコーディネーターがあなたのお口に合ったプランをご提案させて頂きます。

 

 

とはいっても虫歯にならないようにブラッシングや食事といった生活習慣を見直すことも大切ですね!バレンタインも近いのでダラダラ食べないように気をつけましょうね!

 

hana

 

投稿者: のうみ歯科クリニック

side_inq.png