小児歯科

お子さまの健やかな成長をサポート

のうみ歯科クリニックで最も力を入れているのが、小児歯科です。
大切なお子さまの歯を守り、健やかな成長をしっかりサポートします。

子どものころから予防の習慣をつけることが、何よりも大事です。
乳幼児期のケアは、その後のお口の環境に大きな影響を与えるため、通院は早ければ早いほど成果を発揮します。

お子さんを虫歯にしないために

0歳から定期的に歯科医院に通っていれば、ほとんど虫歯ができることはありません。
虫歯に対する正しい知識と、ご家庭での毎日のケアが大切です。
お口の細菌バランスは、3歳までに決まるといわれています。

1仕上げ磨きは小学生まで

子どものうちは、頑張って歯ブラシをしても磨き残しがあるものです。
大人にも癖があるため、お母さんとお父さんがそれぞれ仕上げ磨きをしてあげるのがベストです。

2食べ物は取り分ける

赤ちゃんのお口には虫歯菌はありません。
大人と一緒にものを食べることで、虫歯菌に感染する場合がほとんどです。
離乳して一緒に食事をするようになったら、取り分け用の箸を使うなど工夫し、感染を防ぎましょう。

3甘いものは極力避ける

子どもが虫歯になる原因の多くは、飲み物にあります。
ジュース、スポーツドリンク、乳酸菌飲料のような糖分を多い飲み物は避け、水分補給はお茶と水にしましょう。
飴やキャラメル、チョコレートなど甘いお菓子も要注意です。

4定期的なメンテナンス

歯科医院で歯のチェックとメンテナンスを行い、毎日の歯ブラシでは取れない菌を除去します。
定期的に歯科医院に通うことで歯の健康に対する意識が高まり、自主的なケアも促します。

遊びに行きたい歯医者さん

お子さまが「遊びに行く」という感覚を持ち、診察がなくても来たくなるような歯科医院を目指しています。
のうみ歯科クリニックでは、治療中にお子さまが泣くことはほとんどありません。
怖さや痛みなどの刺激は与えず、小さなことから着実にステップを踏んで、自信を持って診察を受けられるようサポートしています。

マタニティ歯科

妊婦さんと誕生する子の歯を守る

お母さんと生まれてくる赤ちゃんの歯を守るために、適切なケアとアドバイスを行っています。
妊娠中は身体に大きなストレスがかかり、ホルモンバランスも崩れやすい敏感な時期です。
歯肉の炎症も起こりやすくなるため、お口の中の環境を整えることが大切です。
クリーニングを受けるとお口の中がさっぱりして、ストレスも緩和されます。

妊娠中のポイントは、1.歯周病菌を減らし、2.よく噛んで食べることです。
重度の歯周病は胎児へのリスクもあるため、歯周病菌を減らすことが大事です。
安定期に入ったら歯科医院を受診し、お口のチェックとメンテナンスをしましょう。
食事はよく噛んで食べることで、消化吸収しやすい栄養が赤ちゃんに送られます。
十分な咀嚼は唾液分泌を促し、虫歯予防にもつながります。

マイナス1歳からの通院は、お母さんだけではなくご家族皆さんの予防意識を高めます。
お子さんが虫歯菌を保有してしまう原因の多くは、親からの唾液感染です。
のうみ歯科クリニックのマタニティ歯科では、細菌検査や唾液検査を通してリスク分析も行います。
妊娠中からメンテナスを始めることで、ご自身のお口の健康はもちろん、生まれてくるお子さんの歯を守る環境を整えましょう。

side_inq.png